ボイトレコラム

声帯コントロールへの道〜トレーニング編〜

『声帯閉鎖の感覚をつかむ方法とトレーニングと』

 

今回の記事では

『声帯閉鎖の感覚をつかむ方法とトレーニングと』

を、ボイストレーニングの動画付きで載せていきたいと思います。

 

 

皆様の、歌の上達に少しでも力になれたら幸いです。

それでは、実際に声帯を動かすことについてお話しします。

 

声帯を開ける閉じる?強い声と弱い声に関係あるの??

声帯を柔軟に動かすことで、高くても強い声、低くても鋭い声が出せます。

 

前回の、声帯の構造についてはご覧いただけましたか??

 

まぁ・・・あまり深く知らなくてもいいのでざっくりとした内容にしました(笑)

 

筋肉の名称を知るのは、ボイストレーナーの方だけでいいと思うので(笑)

ただでさえ、専門用語や人によって行っている意味とか考え方が違うのでよくわからなくなるのに・・・。

 

 

さて、さっそく!

 

声帯の閉鎖をすることについてお話をしていきます。

 

この項目は、喉に負担がかかりやすく間違えやすいものなので、無理はしないようにしてください。

特に、喉が痛くなったら間違いだと考えていただいて大丈夫です。

 

うまくやると喉は痛くなりませんので・・・。

 

 

声帯を開閉すること

 

 

1、『ハー』と息を吐きます。(これが声帯が開いている状態)

2、息を吐きながら『ン』と発声する

 

動画を参考にしていただくのが一番だと思いますが。

これをすると、喉の奥がピタッと閉じる感覚がありませんか?

これが声帯を閉じた感覚です。(わからない方は、動画を参考にしてください。)

 

人によって差があるので、最初に感覚をつかむまでが大変だと思います。

 

声帯閉鎖をうまく歌に活用していくために

 

ここからは、声帯閉鎖のトレーニングを二つご紹介します。

 

エッジボイス

 

1、『ハー』から『ン』で閉じた状態を作る

2、閉じた感覚を残しながら、小さな声で『アー』と発声する。(この時、上下の前歯間を通すように)

3、そこから『アー』という音をなくし、息だけにしていく。

 

文章だとこれも分かりづらいと思うので、まずは動画をご覧いただければと思います!

 

エッジボイスを使った声帯の閉鎖トレーニング

 

1、エッジボイスを発声する。

2、ピアノを使ってまずは、エッジボイスを出せる音階を知る。

3、ピアノの一番低い音から高い音までエッジボイスをつなげていく。

4、可能であれば、共鳴の切り替えも意識しながら行う。

 

以上です。

 

これが滑らかにできるようになってくると、どの音程でも声帯を閉じることができるようになってきます

 

 

ただ、何度も言いますが、喉に負担がかかりやすいものになりますのでお気をつけください。

 

ここから、『声帯を閉じた状態で発声していく練習』に移るのですが、ひとまずはこの記事はここで止めておこうと思います!

 

まずは、次のステップに行く前に綺麗につなげられるかを確認しながら練習してみてください。

 

これができていない状態で声帯を閉じた発声を無理に行うと、喉を痛める他、変な癖がついてしまう場合があります。

 

息だけでエッジボイスができていないということは、無駄な筋肉を脱力して発声することができていない証拠ですので・・・。

 

ちなみに僕は、綺麗にエッジボイスが出るまで2週間から1ヶ月はかかりました。

(もちろん、現代のように動画での確認や日常生活の中でずっとやっているわけではありませんでしたが(笑))

 

こんな変な声を夜道で歩いてたら完全に下のような人と同等・・・

ただの怪しい人ですし・・・

 

皆さんは、ただの怪しい人にならないようにお気をつけいただきながら練習していただければと思います!(笑)