ボイトレコラム

ミックスボイスというものを体感してみよう

みなさんがよく耳にする、ミックスボイスですが実際にどんなものなのか

今回は、それを解説していきたいと思います。

 

『ミックスボイスで発声して、高い声も力強く歌おう!』

ということで、ミックスボイスのご説明をさせていただきたいと思います。

 

一口に『ミックスボイス』と言っても、使い勝手が良い言葉、かつ、人気の言葉のおかげで、様々な流派や、曖昧な言葉の使い方が多く存在しています。

 

 

なので、僕の書いているものも、混乱を回避するために、『UKの流派のミックスボイス』で、別のものだということを頭に入れてみていただけるとありがたいです。

 

まず、ミックスボイスとは?

 

よく言われているのが、地声と裏声を混ぜ合わせたものです。

 

ミドルボイスと称される場合もありますが、わかりづらくなるのでミックスボイスでお話しさせていただこうと思います。

鼻腔の共鳴と口腔の共鳴を混ぜ合わせる場所を意味するミドルボイスですが、発声方法よりも共鳴する中間の場所のイメージを持っていただくとミドルボイスについてもわかりやすいんじゃないでしょうか。

(いろんな言葉を混ぜ合わせていますが、わかりやすいようにあえて、よく使われる言葉で書いていきたいと思います。)

 

さて、ミックスボイスは、

『鼻腔の共鳴を使っている発声に、地声の成分を加えて、高音でも強い音を響かせ発声するもの。』という定義でお話しさせていただきたいと思います。

 

特に、地声の成分に当たる、『咽頭腔共鳴』『口腔共鳴』と裏声の要素によく言われる『鼻腔共鳴』のそもそもの違いは、口元から出すか鼻から出すかの吐く息の場所の違いです。

 

その域の場所を合わせて発生するということで『ミックスボイス』となります。

 

ミックスボイスを体験してみよう!

すぐにミックスボイスを体験してみよう!

 

ということですがみなさん、習得にかなり苦戦しているように見受けられます。それもそのはず・・・。

ミックスボイス、鼻の共鳴に口腔共鳴を足したもの・・・

 

簡単には言いましたが、実際には、鼻腔共鳴の発声を出しても口腔共鳴のように声帯の厚みを維持し、それを歌に使っていく・・・。

つまり、裏声なのに地声の成分を足したものになるのですが、実際に歌などに使うには、以下の項目が必須となります。

 

  • 発声の基本の腹式呼吸や腹式発声。
  • 発声時の喉の脱力
  • 共鳴腔の移動とコントロール
  • 声帯のコントロール
  • 仮声帯のコントロール
  • それぞれを使いこなすそれぞれの筋肉の筋力と柔軟性

 

はい・・・。

そうなんです、しっかりと基礎の発声をマスターしないと歌に使うまでにはここまでこないと難しいのです。

 

難しい言葉も多いので、大変だなと思う方も多いと思いますが

実は、ミックス自体の感覚を掴むのはそんなに大変なことではありません。

 

生活の中で無意識にコントロールして行っているものがほとんどですので。

実際に時間がかかる理由は、練習よりも上記の基礎と筋力の関係なのです。

 

それぞれのトレーニング方法に関しては、他のページでもお話ししていきますのでそちらを参考にしていただけたらと思います。

 

ミックスボイスを体験してみよう

では、早速ミックスボイスの発声を体験してみましょう!

 

  1. 地声で声が裏返る寸前くらいの高さの音程を、ハミング(鼻歌のようなもの)発声します。
  2. そのまま、口からも息を出し、『マー』と発声します。

 

ここで、鼻からの息と口からの息を同時に出してもらうものがミックスボイスの元となります。

 

これは、とても単純ですし、息が多く出ていて、弱い声だということはわかります。

ですが、ここから、しっかりとした腹式発声と、声帯の閉鎖を行うことで強い声に変えていけるのです。

(詳しくは動画でも説明しています。)

 

 

正直、喉の筋肉それぞれの柔軟性が足りない方は、できにくい場合もありますし、そもそも裏声(鼻腔共鳴)を出すことができない方も多数いらっしゃいます。

その場合には、もっと他のアプローチで柔軟性を高めてあげればできるようになります。

 

 

その辺りは、別のカテゴリーの『レッスン』の動画でご紹介できればと思います。

 

今回は、あくまで考え方と体験をしていただきました。

実際に使えるミックスボイスには程遠いものになってしまて残念に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、また、次の記事でお伝えできればと思います。

 

この動画と記事が皆様の糧になれれば幸いです!